大切にしたい気持ちは人それぞれ。

昨日は満月だったそうで🌕

最近満月にザワつかなくなったので、夜空を見上げなくなりました。みなさんはお月見しましたか?

ついこの前まで見ていた韓ドラのトッケビをこの頃何度も思い出します。3回も見たくなったのは、きっとカッコいいだけじゃないのかもしれません。

韓ドラって、人間味があってテーマもけっこう深かったりして(タイトル微妙な物が多いけど)、すごく惹きつけられます。

その中でもトッケビには好きなシーンがあって…何度も見てしまうんです。

王妃の生まれ変わりが、王の生まれ変わりと現世でまた恋に落ちちゃうんだけど、前世でその2人はすごく切ない別れをしていて彼女はその記憶を思い出してしまうんです。

で、死神となった王が「辛かった記憶はすべて忘れて、幸せだった時の記憶だけ残る」と彼女の記憶をコントロールしてしまう。

当然、前世の切ない別れも今の死神(王)との恋も、忘れてしまうと思いきや、彼女は全て覚えているんです。(忘れたふりをしながら)

これ、セリフも上手いなぁーと思うんですが、ハッとしますね。

辛いと思っていたことも、悲しいと感じていたことも、全部が幸せだった…ということ。

人生の中に起こる出来事は、楽しいことばかりではない。だけど、それも全てひっくるめて忘れたくない気持ちなんだと…♡サニーかわいい♡

乗り越えなきゃいけないとか、いつまでも抱えていてはいけないとか、誰かの基準で決めることではないと思うから。

でも、世の中はそうやっておせっかいをしてくるから、距離を置きたくなるんじゃないかな。

そんな中、グリーフケアの浅原さんのブログからこんな記事を見つけました。

喪失からの贈り物 http://グリーフケア.net/喪失からの贈り物/

この中に

「喜びだけで幸せは説明できない」

とあります。

深い…

SNSのポジティブ投稿がニセモノに見えてしまうこの頃。

人間らしさ、人間臭さってSNSの中にはないと思います☺︎

ちなみに、もう一つの好きなシーンは…

第6話で目の不自由な男性が交通事故で亡くなったあと、天国に行く扉を開けるんですが、その時盲導犬のハッピーがドアの外で待っててくれる。っていう。

わーーーー😭って泣けてしまう。

わたしもその時、ぼーちゃんとハムちゃんがお迎えに来てくれるといいなー♡とか、考えちゃいますね。

女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

家庭内にこびりつく性差別。

普通だったら定年もとっくに過ぎている年齢の総理大臣かぁ…。

また、ため息が出る😅

日本は相変わらずいろんなことが止まったままですね…。

女性の総理大臣はわたしが生きているうちに見れるでしょうか…

ところで、政治や職場だけじゃない性差別って考えたことがありますか?

わたしは息子が高2なので、いちいちいろんな問いかけをしているんですが、みんなの家庭ではどうなんだろう。

お母さんはご飯、お弁当、洗濯、掃除、いわゆる「家事」をするのが当然だと思っていませんか?

息子に「お母さん、今日の夕飯何時にできる?なるべく早めがいいんだけど」と言われ、わたしが返した言葉は…

「誰のご飯のこと言ってるの?」

この時、うちでは一瞬時間が止まる…

「あ。やべ💦」と思ってるんでしょうねw

「お母さん、ご飯まだ?」は聞き慣れていても、

「お父さんご飯まだ?」

とは、あまり言わない…。

これを、当たり前にして放置したくないんです、わたし。

でも、この悩みは結婚をした時も、子育てをしている今もずーっとモヤモヤしていて、子どもが関わる世界が広がると、わたしの考え方が「おかしい」となっていきます。

世間一般的にはまだまだ女性が家事全般、子育て、部活や塾の送迎など、やるのが「当然」という暗黙のルールがあるからでしょう。

どんなに、男女平等…とか、性差別がどうのこうの…と言っても、一番身近な「家庭内」にその考え方がこびりついていて、疑問ももたないような子どもにわたしはしたくない!!

その代わり、わたしも「重たいものを運ぶ」ということを、お願いしないようにしています。

それでも、昔のような力仕事はほぼないので、頼みたこともほとんどない。

男だから〇〇

女だから〇〇

という、当たり前のように使ってきた習慣をなくさなければ、この先子育てや女性が社会で活躍する時代は来ないだろうと思います。

女性の負担が多すぎる😵

このような授業が話題になっていたのでシェア。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f5ed55bc5b67602f607117c

これを、大人にもやってほしい😅

男女差別は、男性がやっているわけじゃなく、お母さんも知らず知らずのうちに言葉や態度に出ていることがあります。

それを少しずつ意識していくことも、これからの未来を変えていく一歩ではないでしょうか♡

全ての女性が自分が望む人生を歩けるように。

自分の望みはなんなのか…気付けるように♡今日もいろんなお悩みや体の滞りをケアしていきたいと思っています☺︎

女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

女性特有の身体を考え抜かれたトリートメント♡

わたしも毎月自分のメンテナンスに行くんですが、いつも行く場所は決まっています。

施術もそうですが、編み物などで肩が内側に入りやすく、猫背の姿勢が多いことと、わたしの首の骨は一般の人より一つ多くでているらしく(肩が下がっている)首や肩が凝りやすい傾向があると、以前整形でいわれたことがあります。

肩凝りで僧帽筋が盛り上がっていなければ、スッと長い首でかっこいいんだとかwww
でも、肩凝りで首が短くなり、おまけにフェイスラインも割りとたるみやすいので、かっこいい首には程遠いんですが💦💦

そんなこんなで、凝りやすい首や背中を解してほしいので、上半身メインのオイルマッサージに通っています。

ところが、40代になったとたん、「なんかおかしいぞ、今年の夏は・・・」
と感じることが多いんです。

たとえば、お腹の冷え。
足指の動きずらさ。
踵の違和感。
太ももの重だるさ。

今まで下半身にはほとんど不調を感じたことがなかったし、むくみで悩むこともなかったんですが、少し体が変化してきたみたい。

それもそのはず。
そろそろ更年期に向けて、体が少しずつ変化していく時期なのかもしれない。
生理はきていても、女性ホルモンの量は減っているし、経血の量も前に比べると大分少なくなってきています。
PMSもそれほど辛くなくなってきました。

生理が軽くなってきたことで、「あ~~楽になった♡」と安心するのは危ない!

今まで、女性ホルモンに助けてもらっていた部分をどうにか補いながら過ごしていく工夫を見つけなければならない!!!

そんな期間が45歳までに少しずつ考えていけることだと思います。

見た目が若くても、体は昔の人と同じように変化している。
だから、若い子と張り合うんじゃなくて、自分の身体とうまく過ごせる付き合い方を見つけることが大切です♡

それでもやっぱり若々しくいたいから、休み休み元気に過ごしていけるといいですよね♡

そんなこんなで、今年は今までと違った不調に気付き、それをケアしていきたいんですが、なかなかいいサロンが見つからない💦

女性ホルモンのリズムを考えてくれながら、女性特有の不調にアプローチしてくれる、まさしくnakaniwaみたいなサロンをさがしているんだけどwww

ここは自信をもって言えるんですが、やっぱり自分で突き詰めてきただけあって、わたしは自分のサロンに通いたい✨と思えるメニューを揃えられたなぁと思っています♡

身体を温めたり、緩めたり、揺らしたり伸ばしたり・・・
さらに、心がときめく香りを使ったり♡

メニューにお悩みの際は、今の不調や改善したいことをメールでもLINEでもいいのでご相談くださいね♪♪

必ず、体に合ったメニューのご案内をさせていただきます✨


女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

オプションメニューのご案内♡

遅くなりましたが、9月より体の芯から温める「ソルトポット」がオプションで追加できるようになりました♪

海塩が入った素焼きのポットを、直火で熱し、ドライハーブとフレッシュハーブにくるんでお腹に当てていくソルトポット。

似たような物に、「ハーブボール」がありますが、ハーブボールよりも熱の持続が長く、体の奥深い部分から温まっていく感じがあります♡


ユーファイとは

詳しくは以前のブログをご覧ください。


★ ソルトポットのみ  ¥1,500

★ユーファイ (ソルトポット+お腹のマッサージ40min) ¥4,500


夏の疲れが出やすい季節。

冷房で冷えた体を温めて、寒い冬に備えましょう♡

10月11月に生理の乱れが出やすい方も多いように感じます。

暑くて眠りの質も下がってしまう夏は、なかなか体調のコントロールが難しいかもしれませんが、気を下に下げ、お腹からしっかり緩めることで、副交感神経がONになります♡

ぜひ、お試しください♪


女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

避妊のこと

自分を大切にできるのは、自分しかいない。

わたしはいつも、こう言っています。

家族は大切にしてくれる、彼は大切にしてくれる、必要としてくれる、
誰かの為に頑張ることで、自分が満たされる。

こういう考え方は、犠牲の上に成り立った、ニセモノの平和だと思います。

今年に入って増えた相談の中で、「彼が避妊してくれない」というのが増えました。

一般的に増えたのかどうかはわかりませんが、これもコロナとか関係あるのか・・・どうなのか。

「彼が避妊してくれない」

こんなときどうする???

特に付き合ってまだ浅い時に、本気で好きかどうか。を試すために、(という口実で)避妊しない。という男性もいるんだとか・・・。
避妊具を持っていないとか、面倒とか、雰囲気が壊れる・・とか、いろいろ理由をつけて、避妊しない、っていうのはハッキリ言って最低の男です。

「安全日」が存在していると思っている人もまだまだ多いし、膣外射精だったら妊娠しないと思っている人もまだまだ多い・・・。

↑これ、デマですよ!!

もし信じてたとしたら、、、「賭け」に近い。

100%安全ではないのに、そのリスクを女性だけに与えるってわたしは絶対許せない!!!

万が一、女性もその時の気分でOKしちゃったとしても、そこは男性がきちんと避妊するべきです!!
なぜなら、最終決定は男性側にあるんだから・・・。
(納得いかないけど・・・)


でもね、他人から見れば、冷静に考えれば当然のことなんですが、当事者になってみると、わからなくなってしまうことってあるんです。

二人にしかわからない、会話や関係性や信頼関係。
「妊娠したら結婚しよう」

そんな言葉をけなげに信じているかもしれない。

だから、簡単に「そんな男別れちゃいなよ」なんて言えないけど、

「自分を守るのは自分しかいない。」

だから、自分にことを大切にしてほしいなって思います。


今まで妊娠しにくい体だと思っていたのに、たった1回で妊娠することだってあります。

妊娠したことを報告したら、音信不通になった・・・という話もたくさん聞きます。

中絶に一緒に来てくれるのがいい男でしょうか。お金を払ってくれたら許せる???

傷を負うのは、体だけじゃない。

人を好きになる気持ちは素敵なことだけど、彼の好きな女の子になろうと頑張る必要はないんじゃないかな。

そのままのあなたを大切にしてくれる人を選べるかどうかは、そのままの自分を大好きになることだと思いますよ✨


アフターピルについても、もっと気軽に入手できるようになったらいいのにといつも思っています。
さらに言うなら、男性が払いなさいと思う。

避妊の最終決定がいつも男性側にあるのは納得できない。
ピルを飲んでいても、ゴムをつけなくていいってことではないですよね。
性感染症のリスクも、日本人はあまりピンとこないのかもしれませんが、気持ちいいと隣り合わせにリスクもあるということを、頭のどこかに留めてほしいです。

責任をとれる覚悟があるなら、好きにしたらいいと思うけどね♡

女性ホルモンから、広がっていろんなお悩みや相談をいただけるようになったのはうれしいです✨

これからも、気軽に相談してくださいね。

naomi

女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら