本当に知りたいことは・・・?

わたしの場合、統計というより「実際こんな時はどうしていたの?」という部分をよく聞かれるので、それについても少しずつ書いていきますね。

~した方がいいのはわかってる。
でも、こんな時「みんなはどうしてるのかな」そんな風に思ってネット検索するのは危ないです。
「みんな」がしていることが必ずしも正しいわけじゃないので。
特に女性ホルモンや不妊、生理の不調や感染症に関してはcloseな雰囲気のことが多いので、身近に聞ける人がいない。
聞けたとしてもそれが正しいかどうかはわからない。
それが不安要素だったりします。

前回の感染症の話「デリケートゾーンのケアって知ってる?」についての反応が多かったのでそれについてもっと詳しく書きますね♪

一度なると繰り返しなりやすいカンジダ症について。

性感染症は性行為によってパートナーからうつるものですが、カンジダ膣炎は膣内の常在菌である「カンジダ」という真菌=カビが異常に増えることによって起きます。要するに、もとから自分が持っている弱い雑菌が増えすぎてしまっただけの状態
なので、性交経験のない人でもカンジダ膣炎になることがあるのです。
膣内には、弱い雑菌を善玉菌の力で抑えて洗い流してしまう「自浄作用」があります。そのため、軽いカンジダ膣炎なら自然に治ってしまうこともあります。
カンジダ膣炎の原因は、体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などです。
季節の変わり目にも気づかぬうちに免疫が低下していて感染してしまう場合もあります。
何度も再発してしまう場合は、病院に行くのも面倒になり「自然治癒しないかな~」としばらくの間様子を見てしまうこと、ありますよね。
その間に悪化して、やっぱり病院に行けばよかった・・・と後悔してしまいます。
再発の場合に限り、薬局でも薬が売っているとあったので、私も試しに買ってみました。


薬剤師さんがいる薬局でしか購入できませんので、ご注意くださいね!

それにしても、店員さんの対応が残念でした。
わたしは「恥ずかしい」とは思わないのですが、人によってはそう感じる方もいるんですね。

一つ目の薬局では、メモで渡されました。

「この薬は薬剤師のいる薬局での取り扱いになります。ここにはありません。」

↑ こんなこと、喋ればいいのに。。。と思いながら

「わかりました。ありがとうございます」と言って次の薬局へ。

2つ目の薬局は薬剤師さんのいるところ。

私:「膣剤のエンぺシドLは置いてますか?」
店員さん:ちょっと困った顔をして・・・
「この薬は薬剤師のお話しを聞いたあとお買い求めいただけます・・・」

なぜか、耳元でコソコソ話をするように言われました。

私:「知ってます。ありますか??」

店員さん:「フェミニーナでしたら薬剤師の話を聞かなくても買えますよ・・・」

またコソコソと言われました。

私:「恥ずかしくないので、別にコソコソ話さなくても大丈夫ですよ^^ それにほしい薬は膣剤なので、案内していただけますか?」

店員さん:ちょっと戸惑いながら、薬剤師さん(女性)のところに行き
「こちらのお客さまがコレを・・・・」

か細い声で言っていました。

全部の薬局がこのような対応なわけではないと思いますが、残念でしたね。

わたしの場合は、女性ホルモンを勉強していますからこのような話は別になんとも思わないので、「恥ずかしい」とか、「対応に傷つく」とかはないのですが、中には傷付いたり、なんか嫌だな~と感じる女性もいると思います。
勇気を振り絞って買う方もいますから。

最初に対応してくれた相手がOPENなら安心しますが、見てはいけないものを見るような対応だとその後ますます隠さなくちゃいけないような気持ちになってしまうことがありそうで残念です。
特にカンジダは10代でもありえるので、正しい知識を持ってほしいな、と思いました。


女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
住所: 静岡市 葵区 水落町19-12桜館7 1C
営業時間/10:00-20:00 (日曜、月曜定休)
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。