おやつにもおこだわり♪

「おやつ」って本当は何のために食べるかご存知???

こどもの頃、3時のおやつとか、学校から帰ってきたらおやつを食べるとか、当たり前にしていましたよね?
夕飯前にお腹が減るから?
お楽しみだから???

いえいえ、そんな理由だけじゃないんですよ。

赤ちゃんは1回40~60ccくらいのミルクを数時間おきに飲みますが、だんだん成長してくると1回に飲める量も増えるので、2時間が4時間になり、6時間になり、離乳食を始めるとだんだん大人と同じように1日3回、プラス午前、午後のおやつ。

そんな感じで食事が規則的になってきます。

この時に食べる「おやつ」は、子供の小さい胃袋では1日3回の食事で摂りきれない栄養素を補うことが目的となります。

では大人は何のため??

疲れをとるため?
イライラを鎮めるため?
それとも、口が寂しいのを紛らわすため???

本当は、大人も同じように食事では補いきれない栄養を摂取すると考えるのが大事です。

痩せてるとか、太ってとか関係なく、現代女性の栄養不足はけっこう深刻!
痩せにくい、代謝が悪い、免疫が弱い、そもそも妊娠ともなれば赤ちゃんと自分、2人分です。
だからと言ってたくさん食べればいいわけじゃないんですよ。
糖分ばっかり摂取しても、意味ないですからね~!!

糖は血液中に入るとセロトニンと同じような役目をするので、セロトニンタイプの方は甘いものを欲する傾向にあるような気がしますが、血糖値が下がった後は地獄です。

イライラ、ムカムカ、ヒステリー!!!!

鬼と化してしまいますから、要注意!

それより、ビタミン、ミネラル、などが豊富でお腹が満たされるおやつを選びましょうね~。

サロン近くに見つけたケーキ屋さんが野菜を使ったケーキ屋さんで、お砂糖、小麦粉にもこだわりがあってびっくり!

(こんなに近くにあったのに、なぜ今まで気づかなかったの~~~涙)

これは、ゴボウとおからのチョコレートタルト。

食物繊維たっぷりで、血糖値も上がりにくいヘルシーおやつ。なはずなのに、しっかりチョコレートでめちゃうまでした♪

お話し会のおやつもここで決まり♪

しょうがクッキー
ごぼうとおからのチョコサブレ
玄米フレーククッキー
黒砂糖ココナッツクッキー
野菜クッキー (にんじん、紫いも)

どれもおいしそうでいっぱい買っちゃいましたw

あ、それから今日のハーブティーはチェストベリーとマルベリーリーフ

排卵終わって黄体期に入ったら、黄体ホルモンを整えてくれるこの2つがおすすめです。


お話し会では、おやつ、ハーブティーも気を付けています。
たぶん普段口にしないようなものかもしれませんが、自分で買うのはちょっと・・・というようなものも、味見してみると意外と口に合ったりするもの。
そうやって、小さいことの積み重ねが体の土台を作っていくのです♪♪♪

偏見をなくしてください ♡

女性ホルモンバランス整えサロンnakaniwa
https://nakaniwa-aroma.jp/

ご予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。